読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あまぶん」のその後。

尼崎文学だらけ

「尼崎文学だらけ」は、尼崎市制100周年記念事業として採択されています。

それでイベントの報告書を提出する必要があり、これの提出が先ほど終わりました。

これをもって、「尼崎文学だらけ」はようやく終了したといえそうです。

みなさま、改めてありがとうございました。

 

あ、でも、「尼崎文学だらけ」でお取り扱いした逸品を

引き続き通販で販売していますので!

こちらのご利用も、引き続きお願いいたします!

http://necotoco.com/nyanc/amabun/buy/

 

それと読書も含めて「尼崎文学だらけ」なので、

お買い上げ頂いた書籍を引き続きお楽しみいただけますと幸いです。

 

このあたりのアフターケアは、もっと充実していけたらなーと。

次回も。

 

そう、次回ですよ。

 

「尼崎文学だらけ」は、またやる予定です。

ただ、ちょっと準備したいことがあって、そのうちの1つが重めなので、

開催までは少し時間がかかりそうです。

来年の秋くらいかな。

 

課題もいろいろあります。

 

出店者アンケートを見ると、売上についてはこんな感じでした。

A.とても多かった…4名

B.多めだった…3名

C.まあまあだった…10名

D.少なめだった…3名

E.とても少なかった…0名

企画本部でも、委託販売で180冊、代行購入で100冊の動きがありましたので、

数としては悪くなかったのでは、と。

(ちなみにポストカードは220枚くらい出ました)

 

数はよかったとして、できたらもっと普段こういう文芸イベントに来ない人にも

働きかけていけたらなーと思いました。

今回は、高校の文芸部さんが顧問の先生ともども来られていて、

即興小説や投句に挑戦されたり、部費で気になる書籍を購入されたりしていたので、

こういう動きはもっと発展させたいですね。

ただ、そういった方々の受け皿になれるだけのイベント強度は必要なので、

欲しい本が見つけやすい仕組みはもっと強化したいと思います。

 

そのうちの1つが今回導入した「推薦文」なのですが……

賛否両論あったかな、と思います。

1.既刊しか宣伝できない

2.知り合いが多い人のが有利

3.委託販売に推薦が必要

あたりは、良くなかった点でしょう。

とはいえ推薦文は

「新しく来た人を虜にするような必殺の一冊をオススメする」

あまぶんの要といってもいいシステムなので、

もっといい形にしてまた導入したいと思います。

(ここの改善が次回に向けて時間のかかる点ですな)

 

あと、次回に力を入れたいのは「だらけブース」ですね。

アンケートをみると、お客様からは大変評判がよかったようです。

今回はこのような布陣でした。

 

純文学A.白昼社

純文学B.大坂文庫

詩歌A.曲水す

詩歌B.ゲラサ

大衆小説A.ザネリ

大衆小説B.庭鳥草紙

評論A.Re.set

そのほかA.はいから宇宙生物

 

すごかったよ!

 

f:id:slymelogue:20160718131737j:plain

純文学A.白昼社は、純文学書籍を販売するほか、

「点取り占い」をやってくれていました。

 

純文学B.大坂文庫は、歴史小説を販売されていました。

ブース主ががっつり忍者のような装束を着てらしたのが印象的でした。。

忍者屋敷みたいだった。。

 

f:id:slymelogue:20160830182255j:plain

詩歌A.曲水すでは、

自走式曲水装置が線路を10周する間に投句しないといけないという

現代版曲水をされていました。

イベント後には、来場者およびあまぶん主宰者が選ぶ俳句大賞が発表されました。

 

詩歌B.ゲラサ。。

写真がないのが残念ですが。。

ゴージャスなソファーが置かれて、そこでシュルレアリスムな遊びをする

素敵空間が展開されていましたよー。

だらけブースのいいところは、各ブースが部屋みたいになって、

そこで遊んでいけるとこかなと思います。

 

f:id:slymelogue:20160718113230j:plain

大衆小説A.ザネリ。

骨がいました。

この骨はブースに無関係ではなく、

新刊に骨が出てくるという関係で展示されているものです。

こういうインスタレーション的な使い方もよいですな。

次はひとり芝居みたいなものがあってもいいかもしれません。

 

大衆小説B.庭鳥草紙。

すあま本が人気でした……!

すあまというのは東日本限定で販売される伝説の和菓子で、

もちろん尼崎では購入できません。

(大阪の某所では購入できるようですが)

 

評論A.Re.set。

共産色の強いあやしい本がたくさん販売されていましたね……!

Re.setさんは普段文芸系のイベントには来られないと聞いているので、

参加してくださり、大感謝です。

お客さまにとっても普段買えない本の買える貴重な機会だったのでわ。

ヘナタトゥーを施したりもしてくれていました。

 

f:id:slymelogue:20160718164652j:plain

そのほかA.はいから宇宙生物

はいから宇宙生物さんの参戦はとても嬉しかったのですよー。

あまぶんではこういう展示をしたかったので。

文芸ではないけど、文芸と親和性の高い展示です。

(しかし可愛いな……!)

文芸ではないけど文芸に近いところにあるものたちは

今後もこういうふうに「あまぶん」に出てもらえたらと思います。

(はいから宇宙生物さんにもまた来てほしいです……!)

 

そんなこんなですよ。

前日設営・宅配搬入・見本誌試し読み会もおおむね好評だったので、

また続けていけたらと思います。

 

ではでは、また1年後くらいに会いましょう。

主宰イベント以外で、ちょっとした小企画はまたやろうと思うので

(テキレボさんでさせてもらったBLフェアみたいな)

引き続きよろしくお願いいたします!(`・ω・´)